瀬戸内ファニチャー 瀬戸内ファニチャー

Facebook

染色・織

保多織とは平織りの変形で、肌ざわりの良さと通気性や吸水性にすぐれた織物です。保多織は3回平織りで打ち込んで、4本目を浮かせる織り方です。糸を浮かせて生じたすき間が空気を含むため、夏はさらっとした肌ざわりで、冬は肌に触れたときの冷たさをあまり感じないという特徴があります。

保多織 (香川県)  香川県指定伝統的工芸品 

保多織シーツ

共通カラー(白・グリーン・ピンク・イエロー)
S140×241㎝ SD155×255㎝ D180×280㎝

シングルサイズのみ(藍縞・赤縞・.ブルー縞・茶縞)が追加されます。
シーツは岩部保多織本舗の創業当初からの商品であり、お中元などでよく使われていました。


岩部拓雄

初代、岩部恒次郎が創業してから120余年。先代から技術を継承しつつ、多様化する消費者のニーズにも対応もしながら、次代とともに新商品の開発にも取り組んでいる。

7分袖プルオーバー・サイドポケットパンツ  フリーサイズ
シンプルなデザインで何かと便利な一枚です、パンツはサイドポケットがついており、ラフにもカジュアルにも着こなせます。
to top