瀬戸内ファニチャー 瀬戸内ファニチャー

Facebook

大阪欄間は17世紀のはじめにその起源を有し、300年におよぶ歴史を持っています。昭和50年に伝統的工芸品の指定を受け、大阪知事からも大阪の伝統的工芸品に指定されました。屋久杉や桐などの天然銘木の木目や色合いの美しさ、優しさを生かす伝統の技術の見事さは、今でも高い評価を受けています。

大阪欄間(大阪府) 伝統的工芸品

彫刻欄間   老松 

 W190 × H40㎝ 
材質/ 天然屋久杉(小杉) 
塗装/ 無塗装
会場価格/3,300,000円

年中青く、老いても長く元気でいられるように、力強さと細かさを心掛け彫られた作品。下絵から一刀一刀すべて手彫りで仕上げました。


伝統工芸士 木下文男(秀山)

3種の花小皿  木下朋美作
to top