瀬戸内ファニチャー 瀬戸内ファニチャー

Facebook

石川県の伝統工芸品を代表するひとつ 九谷焼 400年近い歴史で培われた美の競演はジャパンクタニと呼ばれるほど世界を魅了する美術工芸品となった。現在は未だ人気が衰えぬ人間国宝の作品から、様々な道具とのコラボ作品まで感性豊かな表現に溢れている

九谷焼 (石川県) 伝統的工芸品

3号香炉  赤絵菊慈童文

φ9×H10.5㎝    
伝統工芸士 福島武山作
弁柄絵具 
会場価格/605,000円(税込み)台座は別売り

アクセントに金色も使いますが、弁柄と呼ばれる赤一色の均一な極細の線で、小紋・花鳥・人物などの模様を描き上げます。極細の模様で構成されたその作品は、見る人を圧倒し格別のオーラを放っています。


伝統工芸士 福島武山

昭和19年生まれ
第23回全国伝統的工芸品公募展 内閣総理大臣賞受賞 
他受賞歴多
石川県指定無形文化財九谷焼技術保存会会員 日本工芸会正会員

12号 飾皿  赤絵龍鳳図
φ37.5×H6㎝
to top